かんぽ 生命 会見。 かんぽ生命保険の会見強制終了!日本郵政の法令違反詐欺?責任を取らない理由は?

増田郵政社長「全容解明急ぐ」 かんぽ問題の調査拡大 :日本経済新聞

営業担当者への過度なノルマが不適切販売の一因になったことを踏まえて、日本郵便の衣川和秀社長は「担当者の手当ての割合を見直す」と表明した。 信頼回復が先決だ」と述べるにとどめた。 長門社長のチーフの入れ方にも違和感を持ちました。 しかし、出てきた言葉は、「報告書を受け取ったばかりで読んでいない」。 この会見が行われるまでは、関電の金品受領問題が最悪でしたが、一気に順位が塗り替わりました。 これに匹敵する態度の悪さであったといえます。

Next

かんぽ生命の意外な「ホワイト労働」 個人客への営業ノルマは郵便局に押し付け

3回目は、「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会」報告書が出た段階での会見。 私が記者会見解説を始めたのは2016年4月(日本リスクマネジャー&コンサルタント協会でのコラム)からです。 レオパレス21の施工不備問題の会見です。 同日、金融庁などに業務改善計画を提出した日本郵政の増田寛也社長は記者会見で、対応の遅れを認め陳謝した。 ありがちなことなのですが、冷静に対応しようとするがあまり、相手には冷たく、他人事の態度に受け取られることがあります。 全容解明に向け、調査対象を拡大する考えを示した。

Next

かんぽ生命の意外な「ホワイト労働」 個人客への営業ノルマは郵便局に押し付け

国民全体に関わる問題です。 これで私が思い出したのは、2000年に関西地域の子供たち1万人以上が集団食中毒になった記者会見。 これとは別に、契約件数が多数に上る顧客を対象にした調査で局員77人の法令違反を確認した。 振り返ると1回目の会見ではチーフはありませんでした。 詳細の回答は担当者がする」と 不機嫌な顔で会見場から姿を消したとされています。

Next

かんぽ不正、法人契約も調査へ 局員75人の営業資格剝奪|【西日本新聞ニュース】

かんぽの千田哲也社長は「高齢の顧客も含め、まずは信頼を回復したい」と述べた。 この時、記者会見場を立ち去る際に社長が発した言葉は「私は寝ていないんだ」。 金融庁の行政処分なども踏まえ、しかるべきタイミングで報告したい」と、言及を避け続けた。 75人を業務廃止処分として保険営業資格を剥奪し、2人は厳重注意処分にする方針。 しかし、郵政3社長の会見はこうした期待を裏切る内容となった。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 だが、今後の取り組みを語る前に「不適切販売に関する情報が取締役会で問題にならなかったのはなぜか」を徹底的に追究しなければ、何も変わらないのではないだろうか。

Next

かんぽ生命、会見「強制打ち切り」で見えた改革意識の乏しさ:日経ビジネス電子版

2時間経ったところで、司会が会見打ち切りのアナウンスを出したところ、報道陣から「報告書を読まずになぜ会見」「経営陣の進退を明確にすべき」「2年前から報道して問題を指摘してきたんだ。 一方で、高い販売目標を達成できず、同僚や上司に迷惑をかけることを恐れるあまり、不適切販売に手を出してしまった販売員もいることが分かった。 経営責任についても「最終報告書が出た段階で明らかにする」と模範的な回答。 案の定、質疑応答が平行線。 第三者委員会も経営トップも記者会見を通して国民に説明する責任があります。 私達も2時間やった。

Next

かんぽ生命の意外な「ホワイト労働」 個人客への営業ノルマは郵便局に押し付け

調査の長期化で販売再開の見通しも立たない状況で、経営への打撃も更に深刻化しそうだ。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 記者の質問の意味を理解していながら意図的にはぐらかす回答でした。 社長が関与していたという内容の中間報告記者会見を3月18日に行いました。 前総務次官による郵政の鈴木康雄前上級副社長に対する行政処分情報の漏洩に関しては、増田社長は「調査を行う準備をしている」とした。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 記者の質問と日本郵政の回答がかみ合わないケースも目立った。

Next