ノート e power メダリスト。 【ノート e

ノート eパワー(日産)「体感上の静粛性」Q&A・質問

私も先日このメダリスト MEDALIST を見ることができたのですが、Xグレードと比較すると外装・インテリアはかなり豪華。 e-POWER X Vセレクション 2WD 2,196,700円(4WD 2,416,700円)• 後席に温風を送るリヤヒーターダクト• 続いて2位~4位まで1. トヨタのプリウス、ホンダのフィットなど、エンジンとモーターの両方で走行するハイブリッド車と異なり、e-POWERはモーターだけで走る点が異なるのです。 そして 大きなメリットは加速の良さ。 このようにデザインがまったく異なるメダリスト MEDALIST と標準モデルですが、 実は機能面でも大きな違いがありました。 7万円 272. 2 e-POWER メダリスト FOUR 4WD• 2 X DIG-S アクシス エマージェンシーブレーキ パッケージ• 例えば、似たようなシステムを採用するモデルにGMのプラグインハイブリッド車(PHEV)「シボレー・ボルト」がある。 もしも12月もノートが首位になれば、日産車として45年ぶりとなる2カ月連続の月販首位だったのだが、トヨタ自動車「プリウス」がわずか373台差でノートを上まわり、その夢はかなわなかった。 メダリストの内装や装備は魅力だが、331,560円余分に払う価値があるかと言えば疑問符が付く。

Next

【日産 ノートe

ただし、通常のガソリンエンジン車であれば、アクセルの開度とともに上昇するエンジン回転数(これがまたドライビングの際は気持ちよかったりするのだが)が、高速道路でも一般道でもある程度一定で、スピードが上がってもエンジンサウンドが大きくならないe-POWERはいかにも不思議な感じ。 2 e-POWER X Vセレクション• 2 e-POWER X FOUR 4WD 7 3位 1. 5 15RS エアロスタイル プラスナビHDD• e-POWERのモータードライブシステムではエンジン単独での走行とならないため、 高速走行時は他社のハイブリッドに比べるとやはり燃費が劣ります。 ノート e-POWER Sは買ってはダメ? 比較項目 1. 2Lエンジンが搭載される。 今回は軽井沢まで日帰りでロングドライブすることに。 2 X DIG-S 運転席マイティグリップ• エンジンによる発電と大容量モーターの力により圧倒的なパワーを実現。

Next

【試乗記】「日産ノート e

LEDヘッドライトやメダリスト専用外装などが魅力的だ。 2 1. 2X FOUR 4WD 18. プレミアムコロナオレンジ・スーパーブラック 2トーン ギャラクシーゴールド・ スーパーブラック 2トーン オリーブグリーン・ スーパーブラック 2トーン ガーネットレッド・ スーパーブラック 2トーン スーパーブラック ダークメタルグレー・ スーパーブラック 2トーン ブリリアントシルバー・ スーパーブラック 2トーン シャイニングブルー・ スーパーブラック 2トーン ブリリアントホワイトパール・ スーパーブラック 2トーン ノーマルとブラックアローの外装の違い ブラックアローでは、ルーフ、ドアミラー、ドアハンドルがブラックになり、アルミホイールがダークメタリック塗装となります。 しかし、Cセグメントのボルトの初代モデルは、車重が1700kgオーバーとEセグの「日産スカイライン」(のガソリンエンジン車)並みに重かった。 2 e-POWER AUTECH FOUR 4WD• 6万円 16. 2 メダリスト FF 26. 7万円 261. 8万円 183. ノーマルは今回、すりきり満タン法での実燃費計測の精度がある程度出せる距離を一気通貫で使うことがなかった。 1% 6位 1. それぞれの違いの詳細は後で紹介するんやが、グレード内容を簡単にまとめると、以下のようになるんや。

Next

日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e

2 X DIG-S Vセレクション プラスセーフティII• 駆動方式も FF の2 WD のみなんや。 2 X ライダー ブラックライン• シーギア、モードプレミア、NISMOはお好みで シーギア、モードプレミア、NISMOはけっこう価格が上がる上に見た目が変わる以外の違いはあまりないので、お好みで選べばいいと思います。 2 X DIG-S ブラックアロー 1,838,160 26. 2Lのガソリンエンジンをベースとし、 エンジンが発電機として機能するシリーズ方式のハイブリッドとなっています。 e-POWER X 2WD 2,059,200円(4WD 2,279,200円)• 純正タイヤはブリヂストン「B250」。 5 15X Vセレクション エアロスタイル• 発売当時はエアコンすら付いておらず、このようなやり方で見た目の燃費を上げる日産の方法には批判もありました。 2 e-POWER S 1,901,880 37. ノートe-POWER イーパワー のメダリストでは、このように助手席側にシートバックポケットが標準装備されていますが、他のグレードでは備わっておりません。

Next

ノートの人気グレードを比較!売れ筋のe

4万円 16. e-POWERのシステム概要は発表時のニュースに詳しいので割愛するが、1. 2 e-POWER X FOUR 4WD• 5 15X FOUR プラス ナビ HDD SP 4WD• 5 15X FOUR 4WD• e-POWER MEDALIST 2WD 2,469,500円(4WD 2,616,900円)• 九州では4名乗車の機会も頻繁にあったが、前席下に壁があってつま先がちょっとしか入らないという欠点はあるもののレッグスペース自体は広く、まさに近距離なら問題なしと思われた。 e-POWER X ブラックアロー 2WD 2,203,300円• エンジンで発電しモーターで走る 話題のe-POWERの採用に加え、見た目にもマイナーチェンジで少々キリリとした顔つきとなった日産ノート。 2 e-POWER メダリスト FOUR ブラックアロー 4WD 2 4位 1. 8〜 93. 2 X DIG-S アクシス• 5 ライダー 4WD• 6万円 227. 2 e-POWER NISMO ブラック リミテッド• 給油量13. 7km区間は22. 走行モードの切り替え機能について、ATレバーでは通常走行のDレンジと、アクセルを戻した時の回生(駆動用モーターで発電して駆動用電池に蓄える)と、 減速力が強まるBレンジを設定しています。 ノート シーギアはSUVテイスト ノートシーギアは専用ルーフモールなど外観的にSUVテイストを取り込んだ、クロスカントリーデザインモデルです。 8〜 276. 8万円 139. あくまで近距離主眼のファミリー向けベーシックカー 繰り返しになるが、改良型のノートe-POWERはあくまで近距離主眼のファミリー向けベーシックカー。

Next

日産ノート e

ボディの遮音対策についても、e-POWER全モデルでボディの前方と後方に入念な遮音対策を実施。 2 e-POWER X ノート 1. 0 1. 2 メダリスト X ブラックアロー• 上質な内装と明るいランプ類 私はXのライトのバルブ類も自分で交換してしまいました が欲しいのであれば、出費に見合う価値があるかもしれません。 9万円 199. S 2WD 1,447,600円• 2 ライダー エマージェンシーブレーキ パッケージ 4WD• 5 15X SV エアロスタイル• 2 e-POWER メダリスト FOUR 助手席回転シート 4WD• 7万円 23. 5 15M ドライビングヘルパー オーテックドライブギア タイプe• 2 メダリスト 〇 1. ノートは重量増を嫌い、小さなバッテリーを搭載すると割り切り、反対に電力不足を起こさないようにそこそこのエンジンを積む作戦に出た。 8 223万7760円 e-POWER X FOUR ブラックアロー 233万640円 e-POWER メダリスト FF 34 235万3320円 e-POWER メダリストブラックアロー 242万4600円 e-POWER メダリスト FOUR 4WD 28. リヤドアにポケットが付かないので、後席の乗員は ドリンクの置き場に困る• また直進時のみならず、カーブを曲がる時も2WDより安定して走行できることも利点です。 基本設計の古いクルマゆえ仕方がないのだろうが、そこは今後に期待したいところだ。

Next

【試乗記】「日産ノート e

アクセルOFF時に強く回生するワンペダルドライブについては、ペダルを踏みかえる手間が減ってドライバーにはよいが、同乗者にとっては不意に強めの減速Gが出ることが気になるときもあるだろう。 今回試乗した車はボディカラーに太陽の輝きを感じさせる新色のサンライズイエロー。 日産より2005年から販売されている「ノート(NOTE)」。 eペダルの使い方で燃費は大きく変わりそう 満タン法による実測燃費データは次のとおり。 2 X DIG-S アンシャンテ 助手席スライドアップシート• そもそも期待値が大きかったがゆえの(勝手な)残念感なのだが、もう少しエンジンが黒子に徹していたのなら、印象は大きく違っていただろう。

Next