キヨ ヤマダ。 「CIAのスパイ養成官」だった日本人女性の生涯 多くのスパイを育て上げたキヨ・ヤマダ、その知られざる存在(1/3)

山田敏弘 『CIAスパイ養成官―キヨ・ヤマダの対日工作―』

経済大国である日本は世界の諜報機関のターゲットにもなっている。 アーリントンで見つけたキヨ・ヤマダの墓 キヨ・ヤマダの墓地は確かにアーリントン国立墓地にあった。 総理官邸や内閣官房と密接に絡むポスト、内閣官房副長官、内閣情報官、内閣危機管理監、宮内庁次長、原子力規制庁長官などはすべて警察庁出身者で占められている。 世界の通信を支える超重要インフラである海底ケーブルでも、中国と米国などの間で緊張感が高まっていくかもしれない。 そして立ち上がり、ふと顔を上げた。 これは当時のニューヨークタイムズで一面記事になり、日本でも報道された事実である。

Next

CIAスパイ養成官だった日本女性─その「消された」経歴を追う

その舞台裏でキヨは語学だけでなく「日本ではアメリカ人が日本語を普通に話すだけで信用してくれる」といった日本人の特性を教えていたという。 ヤマダ電機さんは、そんなダイキンさんのエアコンを、まったく取扱っておらず、メイン売り場から遠く離れた隅っこに1台しか展示していなかったのです。 「2017年、北朝鮮と核を巡る問題で緊張が高まった折には日本は韓国と共に『ファイブ・アイズ条約』の秘密協議に招かれたことがある。 教え子たちは数々の対日工作に関わり、キヨ自らも秘匿任務に 従事していた。 アメリカの、そしてキヨの本気度が伝わる、地味だが背筋が凍る挿話だと思う。 世界の他のどの国とも同じように、国外からの脅威に直面しているにも関わらず、だ。

Next

日韓関係悪化でも… サムスンが日本企業と組んで開発する「絶対安全なスマホ」 (4/4)

少し本文から抜粋したい。 彼女は死後、国防総省やワシントン・モニュメントやポトマック河畔の桜が望めるアーリントン国立墓地に眠る夫の隣に埋葬してほしいとの遺言を残していたという。 1922年9月29日、東京生まれ。 「やはり潜在敵国の国内に入り込まなければ美味しい情報(Good intelligence)は得られない」 これは北朝鮮の核開発状況を捉えるケースにも当てはまる。 現在0人がこのページに訪れています。 *2=2019年9月には谷内正太郎・国家安全保障局長(元外務次官)の後任に北村滋・内閣情報官(警察官僚で内調や総理秘書官を歴任)を任命。 1時間:0人 24時間:0人 1週間:0人 1ヶ月:1人 1年:75人• 「チャールズ・S・スティーブンソン」。

Next

CIAスパイ養成官 :キヨ・ヤマダの対日工作

しかもキヨの希望で、墓地のなかでも、もっともペンタゴンの建物がよく見える場所に墓が設けられたというのだ。 筆者もワシントン特派員当時、米情報機関に従事しているとされたガダルカナル戦闘の生き残り旧日本軍元将校の消息を追ったことがある。 双方が収集した軍事極秘情報を交換、保護できる共通のシステム作りの第一歩だからだ。 「ロシアは、(スパイなどの)工作員をドイツに送り込み、反体制派を殺害している。 <キヨは世界を大きく変えるような目に見える変革や発明をもたらしたわけではない。

Next

CIAスパイ養成官だった日本女性─その「消された」経歴を追う

いま、スパイの世界はアナログ時代からデジタル時代へと移っている。 CIAもそのひとつ。 果たして正式名称だったか、どうか。 安直な恋愛モノ脚本なら、この夫が日本男子と正反対の優しい男性でハッピーエンドになるのだが……夫は占領下の東京で他の日本女性と関係を持っていたり、差別主義者だったりする。 デモ隊が使うメッセージングアプリを中国当局がサイバー攻撃したことも判明。

Next

ヤマダ電機でエアコンを買ってはいけないダメな理由

アーリントン国立墓地は、米陸軍省が管理している。 これまで話を聞いてきたスパイの中でも特に興味深かった取材相手のひとりは、破壊から殺人まで数々の危険なスパイ工作で知られ、世界「最恐」とも言われるモサドで、3年前まで長官を務めたタミル・パルドだった。 一人の女性の数奇な人生を通じて国際情勢の機微を垣間見ることができるだけでなく、往時の女性が置かれた立場と社会の関係についても示唆が得られる作品。 キヨはすでに他界しているが、生前「私はCIAで働いていた」と知人にだけ漏らしていたという。 筆者はこれまで、アナログ時代から現代にかけて活躍した数多くの元スパイたちに取材をしてきた。

Next