ウラガンキン 弱点。 爆鎚竜「ウラガンキン」の弱点と倒し方【モンハンワールド攻略】

宝纏ウラガンキンの弱点、倒し方攻略

アイテムに関しては、 「落穴」「閃光」「罠肉」「こやし」が有効です。 尻尾攻撃時に鉱石をばらまく。 なぎ払う際に前方へ1~3個の火薬岩をばら撒く。 しかし、凍て刺すレイギエナは例外で 約5秒に1回毒ダメージが入ります。 全身から睡眠ガスを噴射する 怒り時は火炎ガス噴射• 睡眠は無効化スキルの他、眠るまでに元気ドリンコを使えば回復可能です。 (基本的に3パターン) (1) ハンターに向かって直進。

Next

【モンハンダブルクロス】「 宝纏ウラガンキン」攻略まとめ

尻尾回しのときに飛ばされる火薬岩にも臭気ガスが含まれており、爆発したときに臭気状態になる。 この火薬岩は非常に剥がれ落ちやすい状態で外殻にくっつくため、ウラガンキンが 体を揺することで飛ばしたりすることができる。 スポンサーリンク ウラガンキンの特性である金色の光沢を放つ分厚い外殻は、マグマの熱をも耐えられる耐熱性と強度を誇ります。 疲労時の特徴• こちらは何種類かあり、いずれも比較的大きなダメージを持ち、モーションの大きい叩き付けでは 広範囲に振動も発生させます。 落し物• 顎の部位破壊には、水属性での攻撃や罠からの爆弾が有効。 (2) ハンターを通り過ぎた後、左へ曲がって270度程旋回して直進する。

Next

【MHX】ウラガンキンの部位破壊講座・弱点~画像付き・攻略~【モンスターハンタークロス】

ウラガンキンの攻撃パターン ローリング攻撃 タイヤのように丸まり、転がって攻撃する。 放置していると 周囲が爆発岩だらけになりかねないので、マルチの場合ガンナーは定期的に処理すると剣士の動きがスムーズになる。 なお、こうした「現場監督」的な配置になっているモンスターの同僚や後任としては や、といった強力なモンスターや、 過去作から復任したや、 ピッケルをふるい続けたハンターの成れの果てともいわれる最強の現場監督などがいる。 ウラガンキン、プレイヤー問わず攻撃が当たると爆発し、 当たると吹き飛ばし&火属性やられ状態になる。 4連続顎スタンプ 【予備動作】唸りながら頭を上げる。 MHW版ウラガンキンの攻略のポイント ハジケ結晶で転倒を狙う ウラガンキンのベーシックな攻撃である転がり攻撃中に、龍結晶の地エリア8で採取できる『ハジケ結晶』を当てると、ウラガンキンを転倒させることができます。

Next

ウラガンキン攻略

単発スタンプ 唸り声をあげ、2,3歩前進しながらアゴを叩きつける攻撃を1回する 強スタンプ 顎を大きく持ち上げ、地面に叩き付ける。 怒り時は火炎ガスに変化する。 この攻撃中はハンターを吸引させる気流が一直線上に、その反対には巨大な岩が飛び、気流に吸い込まれたら最後、 根性札や魂の再燃を貫通して即死する。 身体を後ろに引き、全身で体当たりをしてくる• ウラガンキンは獣竜種の中でも古参に当たり、 硬い肉質と鈍重ながら強力な攻撃を繰り出す攻撃パターンが特徴のモンスターです。 エリア6にいる場合、地中に潜ったあと高台の上から マップ全体を横に倒した8の字のように転がってくる。 尻尾を切断すると、爆発岩を設置できなくなる。 また、ワールドには毒の効果時間を上昇させる 「桜火竜の奥義」というスキルが存在していたのですが、その効果は微々たるもので、1回で2,3回のダメージ量が増える程度でした。

Next

【アイスボーン】ウラガンキンの弱点と攻略方法【モンハンワールド(MHW)】

(4) 最初から右半身側を向いて転がりだしたら、360度近く旋回して直進する。 予備動作の後、斜に構えて大きく前進しながら体当たりする攻撃。 【獣竜種:宝纏(たからまとい)】ウラガンキンの特徴• Lv1~4• 「顎」は破壊することで肉質が柔らかくなるので、序盤はボウガンの弾や爆弾、スリンガーなどを使って攻撃をして、早めに破壊しておくと良いでしょう。 ぜひ試してみてください。 この連続スタンプは攻撃判定がないので、攻撃しよう。 ウラガンキン、プレイヤー問わず攻撃が当たると爆発し、 当たると吹き飛ばし&アイテム使用不可能な状態になる。

Next

【モンハンワールド】ウラガンキンの弱点・素材・攻撃パターン

今回は 毒属性についての検証を行ってみました。 やはり見た目と当たり判定が矛盾している。 宝纏ウラガンキン で初登場した、ウラガンキンの二つ名持ち個体。 エリア6にいる場合、地中に潜ったあと高台の上から マップ全体を横に倒した8の字のように転がってくる。 放置していると 周囲が爆発岩だらけになりかねないので、マルチの場合ガンナーは定期的に処理すると剣士の動きがスムーズになる。 至近距離にいる場合のみ使用してくる。 予備動作の後、斜に構えて大きく全身しながら体当たりする攻撃。

Next