ポケカ エクストラ 環境。 ポケカ環境デッキ一覧!ソードシールド最強デッキtierランキング

【ポケカ】カビゴンVMAXデッキ【エクストラ環境考察】|シノログ!

そこで前回のCL東京やシティリーグ、エクストラバトルの結果等から環境に多そうなデッキを予想していきます。 オーロットの特性で相手のグッズを封じ、サイレントフィアーでダメージをばら撒いていく。 短所 GX主体であるため、弱点を突かれると3ターンで終わることも。 やばい。 そのためほぼ確実に相手のサイドが4枚になるターンが存在し、120ダメージのスレッジハンマーを使うことができる。 他に「B」と「C」が現時点であります。 プラズマエネルギーは無色1個ぶんにしかならない特殊エネルギーだが、 それをつけているプラズマ団のポケモンの使うワザが強力になる。

Next

エクストラバトルの日に向けて環境デッキまとめ1

強力なデッキではあるが非GX同士での対戦に少し弱め。 基本エネルギーだけで組むとGXに対して強くなり、ダブルドラゴンエネルギーと三神を採用するとラボネク等に強くなります。 2010年9月以降に発売された「BWシリーズ」「XYシリーズ」「SMシリーズ」の約10年分のカードを使うことのできるレギュレーションである。 かなりの耐久力のあるデッキであり、「フルメタルウォールGX」によりエネ破壊ができるなど、トリッキーな立ち回りも可能です。 おめでとうございます! コメント:「脳に良くない。 チルタリス(クリアハミング) 反逆クラッシュにて収録された新規カード。 。

Next

【ポケカ】カビゴンVMAXデッキ【エクストラ環境考察】|シノログ!

環境デッキ紹介 ・ラボウルネク 大きく分けてダストダス型とオクタン型の2種類が存在します。 たかひろ様の《レシリザ》デッキになります。 必ず1撃は耐えるので、耐えたところで「ギリギリポーション」! またタスキをつけてストロングストーンエッジで160程度を連打してくる。 ダメカンも必要ない。 相手の手札から無理やりたねポケモンを出させる。 サポーター引けたらグズマだけとかアセロラだけっていうことが多かった…。 パラレルシティと組み合わせると、いきなりベンチが3枚まで減らされて、そのまま手札も3枚捨てさせられるという…。

Next

エクストラバトルの日に向けて環境デッキまとめ2

オンバーンを上手く使うことで真の強さを引き出せるデッキで、ディストーションとラウドソニック、そしてばくおんぱGXの使い分けが勝負の鍵を握ります。 ゲッコウガゾロアークに対してはスピード負けし、耐久GXに対する性能もゲッコウガゾロアークと比べると低め。 先攻でボクレーに使うと、ワザを使わずに先攻グッズロックを決めてしまう、イラストとは裏腹にヤバいカード。 それぞれの立ち位置はややズレや相性補完があるかと思いますが、 ロロたんぬは、大きくこの3つに分けられると考えています。 XYシリーズまで含めた6月10日(日)現在でのスタンダードレギュレーションのカードプールは約3,000枚以上と過去最高です。 再利用したいカードの種類が多いデッキに採用される。 特殊エネルギーも効果ではることができるため《ヒート炎エネルギー》も積極的に使用し《マルヤクデVMAX》の耐久力をあげていきます。

Next

ピカゼク×ピーピーマックス デッキ

同じデッキで2回目の優勝もできました 1.デッキレシピ 実は前回準優勝したデッキと全く型は一緒です。 非常に刺さるメタカードのため相手によっては優先的に立てに行く。 しかし、エクストラ環境期待の新人であることは間違いありません! 今後も新規カードで相性の良さそうなカードが出るたびに更新していきます! 環境考察 環境で強いと思うデッキは カビゴンVMAX ラボネク(サイレントラボ+ウルトラネクロズマ) ヤミラミV この中で特にヤミラミVが脅威になると思います。 一ターン目に使おうと考えると、ダブルドラゴンとピーピーマックス二回を行わないといけません。 ダメージの最大値も210と天井が見えるため、相手のプレイングを上回らないと勝ちきれない場面も。

Next

CL愛知 エクストラレギュ環境考察

Tierランク CL愛知のTierランクとして考えているのは以下の通りです。 ……キミは、この無限ループから抜け出せるか。 また、「スタンダードレギュレーション」にはない、「使用制限カード」なるものも存在するのが特徴です。 EXには付けられないが、GXにつけられるので強い。 一応前回の記事にもどの辺を思って改造したのか書いてあるのですが、今回ももう一度良かった点と悪かった点を載せていきたいと思います。 最初のターンからバトル場に君臨し、相手のグッズをすべて使えなくするので非常に強いです。

Next