フランドール ヤンデレ。 金沢市のケーキ・洋菓子店のふらん・どーる

SS : フランドール・スカーレット

よいしょ、とフランドールが僕の膝に座る。 俺の首には、穿たれたような小さな傷が左右に2つずつあった。 阿求は「」にてこの能力に関連して、フランが紅魔館内で孤立しているとしたうえで「 一緒に遊んでも作った物を片っ端から壊されてしまうので、誰も一緒に遊んでくれないのだろう」と考察している(『求聞史紀』)。 読み終わったから、もういいよ」 「そうか?」 僕に背を向けてではなく、対面になる格好で膝の上にいるフランドールの頭を、何気なくぽんぽんする。 ありとあらゆるものを破壊してしまう彼女が壊したくないものは何か。

Next

#4 東方ヤンデレシリーズ 『フランドール・スカーレット』 1

それはまだいいとしても、四時間も寝て目が冴えている。 「むう〜〜。 ただ、フランのことを気にかけてあげて」 「う〜ん」 正直、面倒だと思わなくない。 Good• 「じゃあ良也、おやすみ」 「……ああ」 目を閉じると、ますますフランドールの感触が強く感じられる。 だが、それは美しい物でこそ映える。

Next

#4 東方ヤンデレシリーズ 『フランドール・スカーレット』 1

……アレも確か、ドロドロの恋愛話だった気が。 やれやれ、少しは大人として扱ったほうがいいのかな。 」 快楽に犯されても、俺は屈しない!! 「そう。 もし、射命丸辺りにバレて、幻想郷に広まりでもしたら……間違いなく僕は『そういう趣味の人』として認識され、社会的に抹殺されることだろう。 。 「んじゃあ、お世話になる」 「あ、良也泊まるの!?」 歓声を上げたのはフランドール。 多分、これで逃げたとしてもくっついていける。

Next

病みフラン (やみふらん)とは【ピクシブ百科事典】

つい、カッとなって」 「わかってる。 でも僕、何度となく吸われてるが、吸血鬼化の兆候すら見えないぞ。 フランは身構える。 やはり妹キャラであるかどうかが関係あるのだろうか。 自分の腕を注意深く、よ〜く見てみる。

Next

#4 東方ヤンデレシリーズ 『フランドール・スカーレット』 1

「ああ。 かけなさい」 「あ、ああ」 うーん……何をこんなに怒っているんだろう? いや、怒って? ……なんか違う気がする。 あなたも変わった人間ね。 また、紅魔館の門番であるとの組み合わせも有名(と並行する作品ではが本当は門番ではなく姉のレミリアの従者であると対に当たる、妹のフラン側の従者だと言う二次設定も存在する)で、、、「」といったタグが存在する。 さらに武器(?)としてグネグネした黒い槍のような棒を持っており、先端にののようなものが付いている。 いや、あの人は時間を操れるんだから、そこら辺はうまくやっているのかもしれないけど。

Next

フランドール : スレ順

二時間くらい我慢して」 「出来れば早めに切り上げてくれると助かる」 「うん」 程よい重さと柔らかさは心地いいし、なんかいい匂いがするしで安眠できるんだけど、あまり長いと足が痺れてしまう。 読んだことはないけど、フランドールにわかるものかな……いや、外の世界の文化的なものもそうだけど、恋愛とか興味なさそうだけど。 ……でもま、僕のせいだよな。 私はレミリア・スカーレットよ。 ってか、流石にそろそろフランドールも我慢の限界臭い。

Next

SS : フランドール・スカーレット

彼女もまた迷宮で愛しい「あなた」を焦がれ求めつつ、徐々に証明へと近づいていく。 ここで本を多めに借りて読むかな? 「うーん、本借りてってもいい?」 「そう、することないのね?」 「まあ、有体に言えば」 なら、と、パチュリーは少し考えて言った。 この他では、『求聞史紀』で魔理沙が紅魔館に忍び込むと「 たまに会う」としている以外は、先述のとおり『文花帖』での取材を受けた程度である。 話は簡単。 フランドールの読む本が、絵本みたいな文字数の少ないものから、もっと長い小説とかになってきたからだ。

Next

個別ルート:フランドール編

「フランドール。 自分興味無い奴を壊しても面白く無い。 2020-07-17 11:45:36• 深夜に飛ぶのは、アンタじゃ危ないからね」 「は?」 いきなりの提案に、呆けた返事を返してしまう。 「それで、何時間くらい……」 時計を見て驚いた。 この解釈には、における魔理沙の「巨大すぎる炎の剣」という表現も関係があると思われる。 慕っているのか嫌っているのか……。 フランはその二次創作において多様なパーソナリティの様子が見出されており、「病みフラン」もその中の一つである。

Next