セフィロス エアリス 関係。 FF7Rの考察(ネタバレではない独自の考察)ティファ・エアリス等

宝条 (ほうじょう)とは【ピクシブ百科事典】

魔晄中毒でボロボロになりながらもザックスの形見であるバスタードソードを持ってミッドガルまで帰ったクラウドはその思いの強さから自分の記憶をジェノバ細胞によってザックスのものと混同させることになります。 CCをプレイするとザックスとエアリスのやりとりが本当に可愛くてキュンキュンしっぱなしで、どうかこの2人がいつまでも幸せでいて欲しい!と思ってしまいます。 「だけど、いまはちがう。 任務をこなすうちに打ち解けていき、最終的には上官と部下の関係を越えた友人となる。 こんな感じになるのではないでしょうか? 以上がツォンとエアリスの奇妙な関係の考察になります。

Next

エアリスが死ぬ理由。

そこに恋愛感情がないと言い切ることは難しいですが、この会話の後ではティファの好感度次第では二人が一線を越えることを示唆するイベントが発生しています ちなみにティファの好感度が50以上かそうでないかで分岐しています。 とはいえHPを見れば分かるように、普通に本体を倒してしまう方が早いのだが。 クラウドとザックスの絆の多くはFF7本編よりもCCFF7 クライシスコアFF7 で濃密に描かれているので、興味のあるかたはプレイしてみてはいかがでしょうか?. 回想に現れるツォンとエアリスの会話 *ツォン「」 エアリス『』* ツォン「エアリスを返してほしいのです。 この辺りは好みが分かれる所でしょうが、キャラクターの好対照な部分が出ている所でもあると思います。 人物 一言で言ってしまえば、科学と自身の頭脳を絶対として、研究や科学の発展のためなら何をやっても構わないというとんでもない外道なマッドサイエンティストそのものである。 ファイナルファンタジーVII 解体真書 ザ・コンプリート スタジオベントスタッフ著• 自らの思念体であるカダージュ達の所業により復活する。

Next

FF7について

これまでにも何度か紹介して... よってFFを代表する主人公になったのでしょうね。 CC序盤は夢見る少年だったがウータイでの幼少期のとの出会いなどが切っ掛けで現実を見るようになる。 原作では、ザックスはあくまでエアリスの初恋の人止まり です。 いわゆるスロットというものですね。 クライシスコア ファイナルファンタジー7 ザ・コンプリートガイド インクルーズ ストーリー&ビジュアルアーカイブ. なお、FF7Rといえば(eスポーツハイ!) という番組で5月に西村歩乃果さんがプレイされていました。

Next

セフィロス

だがそれを察知したセフィロスが放ったジェノバにより命を奪われてしまう。 『CCFF7』においては序盤はオールバックではなく、前髪を横に流した長髪であるが、ソルジャー・クラス1stに昇格した際に髪型をオールバックに変えている。 ただ、よくよく考えるとこれまでのクラウドこそ偽物(本物の意識もあったにせよ、基本は演じていた)だったわけで、この出来事は 本当の自分を取り戻すために必要な崩壊でもあったと言えます。 でも細胞はもったままなのになんで後半は操られなくなったの?というと、多分本物の自分を取り戻し、ジェノバ(セフィロス)による擬態の支配を受けなくなったからではないでしょうか。 ザックスもエアリスも性格的に「じゃあ付き合いますか」「彼女になって」って言いそうな気がしますし、エアリスがザックスのガールフレンドを自分だと思っていない以上そんな会話はなかったのでしょう。

Next

エアリス・ゲインズブール

身近にいた存在は監視役のツォンだけだったと言っても過言ではありません。 かつて古代種が繁栄していた頃に彼らが居住していた場所。 条件を満たすとソラと一騎討ちで対戦ができるようになるが、戦闘自体はあくまで隠し要素。 あの……お、おはよう……」 「もうすこしだけ……このままでいさせて……」 「二度とこない、この日のために……。 『』の戦闘メンバーでは唯一、回復や補助に特化したリミット技を持つ。 気になった方は参考に以下の動画をどうぞ! 【FF7リメイク】エアリスの可愛いシーン まとめ 会話集 CV. 信用できない」 というやり取りがあり、「 でも、ご両親にくらい連絡すればいいのにね」という発言から、ザックスの死は本当に知らないのだろう。

Next

宝条 (ほうじょう)とは【ピクシブ百科事典】

ソルジャーとは人体にジェノバ細胞を移植されたうえ、魔晄を浴びさせられて作る屈強な兵士のこと。 上昇する可能性があるイベントは18、内必須イベントが7。 こんにちは。 きっと、みんな……もどって来てくれるよね?」 「さあ……。 本編のFF7同様、想像するのに一役買ってくれます。 また、平和を求めるウォーリア・オブ・ライトに対しても、戦いこそが真の目的だと指摘し混乱に陥れようとする。

Next