エクセル プルダウン 削除。 プルダウン(ドロップダウンリスト)の追加と削除の方法|excelの使い方

エクセルでプルダウンリストの追加・削除に自動対応する方法

いずれもメディアで紹介され、好調に売上を伸ばしている。 プルダウンを解除する 最後にプルダウンの解除の仕方ですが、方法は共通で次の通りです。 「 データの入力規則」フォームで「 エラーメッセージ」のタブを選択し、「 無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示 す る」のチェックを外しましょう。 2 「元の値」に入力されているSheet 1の選択範囲を、2行目から13行目までに変更します。 ここではプルダウンリストの設定方法や解除、リスト項目を編集する方法をご紹介します。 A2セルに「データがない場合は空白にする」「データがある場合は直前の行の最大値に1を足す」ためのIF関数を挿入します。

Next

エクセルエキスパート直伝!プルダウンの編集方法と便利な応用術

Excel2010で値を簡単に選択できるように『データの入力規則』からドロップダウンリストを作成しました。 3.あらわれたダイアログボックスの最初のタブ【設定】で 【入力値の種類】を【リスト】に変更してください。 選択後は再度右側にあるボタンを押してください。 「元の値」という欄が出てくるのでここにドロップダウンリストで選択肢にしたい言葉をカンマ区切りで入力していきます。 ・参照リストを使ったプルダウンリストの場合 1)項目を追加したい場合は参照しているリストの最後にキーワードを追加入力。 3 「OK」を押すと、プルダウンリストに新しい項目が追加されました。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。

Next

excelのプルダウンリストで邪魔な空白を削除する方法

たとえば、ワークシートに日付の列がある場合、その列には、値を特定の月に制限するフィルターが設定されていることがあります。 リスト入力を設定したいセルを選択• 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• IFERROR関数を組み合わせてエラーが表示されないようにしましょう。 エクセルはセルに目に見えるデータが入力されていなくても、セルに書式設定などが残っていると、そのセルを「最後のセル」と認識します。 2 「元の値」に入力されている範囲を選択し直し、新たに16行目までの範囲を選択します。 そこで、エクセルに複数ある空白行を一括削除する方法を解説します。 データの入力規則の内容に間違いがないことを確認します。

Next

【Excel】エクセルのプルダウンリストを設定・解除・増やす方法

「連動させる」とは、「一つ目のプルダウンの選択項目によって二つ目のプルダウンの表示内容が変わること」を指します。 これで先ほどと同じくセルのプルダウンリストの設定が完了しました。 このように、Excelでドロップダウンリストはかんたんに設定できます。 この記事の目次• (学生の窓口編集部)• 」と表示されました。 あとから項目を追加したり削除することもできるので、ぜひ使ってみてください! Officeヘルプ: Officeヘルプ: 以上、Excelのドロップダウンリストを設定(追加・削除)する方法でした。

Next

【Excel】エクセルのプルダウンリストを設定・解除・増やす方法

ダイアログボックス左下の[すべてクリア]ボタンをクリックすると、ダイアログボックス内の入力規則の設定が、他のタブにある設定も含めて、すべて規定値に戻ります。 OFFSET関数については、記事「」に詳しく解説しております。 プルダウンリスト以外の入力規則も合わせて一気に解除 プルダウンリストを解除したい範囲に、入力時メッセージや、など、プルダウンリスト以外の入力規則も設定されていて、それらも合わせて一気に解除したい場合、 プルダウンリストを解除したいセル範囲を。 「元の値」ボックスに「, 半角カンマ 」区切りで「男,女」と入力してOKをクリック 直接入力によるリスト入力の設定 このように入力し、OKボタンをクリックすることで設定できます。 これをやってしまうとリスト内に空白ができてしまい、追加した項目もうまく表示されなくなります。

Next

Excelのドロップダウンリストのオブジェクトが消せない怪

特定の列にフィルターを適用しない場合は、にすることを検討してください。 上図は折りたたまれている状態ですが、全画面表示にすると、「データの入力規則」はこのようなアイコンになります。 注意深く画面を見ると2個のオブジェクトが重なっていることが分かります。 そこで、プルダウンリストの編集方法・手順をお伝えします。 E1セルにB列に入力されたデータを順番に取り出すVLOOKUP関数を入力します。 まずは、上記画像のように プルダウンリストが表示されている「列」や「行」を選択します。

Next

フィルターをクリアまたは削除する

入力規則を見てもリストは設定されておらず、 デザインモードにしても消せず、 今のところそのセルのある列ごと削除するしか消す方法がわかりません。 ここではD1。 [データ]タブのデータツールグループにある[データの入力規則]を実行します。 プルダウンリストの作成・解除 プルダウンリストの作成・解除の方法をそれぞれ説明します。 リストの追加・削除 リストの追加・削除の方法について、プルダウンリストの作成パターン別に説明します。 まとめ Excelのプルダウン機能には、入力が簡単になる、入力ミスを防ぐことができるなど、多くのメリットがあります。

Next

エクセルのプルダウンボタンの削除の方法

するとこのようにセルの右側にメニューマークが表示されるのでクリックすると、先ほど決めた選択肢から選ぶことができるようになりました。 入力規則が設定されているセルが選択されました。 「データの入力規則」ウィンドウの「すべてクリア」ボタンをクリックして選択する 「データの入力規則」をクリックしたら 「データの入力規則」ウィンドウ下部にある 「すべてクリア」ボタンをクリックして 選択してください。 「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• 最後にもう一度「 OK」ボタンを押して設定は完了です。 プルダウンリストの作り方は3つあり、それぞれ特徴がありますので合わせて確認しましょう。

Next