オデッサ ファイル。 オデッサ・ファイルのレビュー・感想・評価

オデッサ・ファイルのレビュー・感想・評価

城にいとも簡単に侵入出来るし電話が盗聴されていなかったりするのは、この時代の技術がまだまだ未熟だったのだろう。 深夜、やっとのことでロシュマンと対峙することができた。 フォーサイスはロシュマンをはじめ、実在のナチス関係者や組織についてかなり詳細な情報を入手して作品を執筆したとされる。 元SS軍曹で警察に追われているという設定である。 後年、ロシュマンの検死をした関係者が「フォーサイスの小説では、ロシュマンは逃亡中に足の指を数本欠損したと書いてあったが、それは事実だった」と述べている。 東西冷戦のもとで、東西双方の側がレジームの強化のために、ナチスの息のかかった科学者や専門家、残党を利用していた。

Next

オデッサ・ファイルのレビュー・感想・評価

それまでの価値観が崩れ、何が正しいのか困惑する。 外部リンク [編集 ]• この日記の内容に興味を強く引かれたミラーはソロモンの周辺を調査、その結果、衝撃の事実が発覚します。 以前、バーでチップを渡した女性の恋人が、元コソ泥で、彼の手を借り、偽造屋の家からオデッサファイル(SSの主要メンバーの偽造パスポートの名簿)を手に入れることに成功する。 概要 [ ] の元員の犯罪を追及するによれば、この組織はにナチス親衛隊のメンバーをはじめとする、旧ナチス党員の逃亡支援のために結成されたとされる。 しかもロシュマンは、大尉だったペーターの父・エルウィンを自身に逆らったとして殺し、戦死に仕立て上げた人物だった(父が戦死した日付・場所と、日記に記された大尉が射殺された場所、しかも柏葉・剣付受章者であったことまで一致していた)。

Next

オデッサ・ファイル その1

元SS軍曹で病死した男の出身証明書を手に入れ、あるオデッサの会員に接近。 活劇の演出は不合格。 またイスラエル消滅計画の動機は、の仲介で西ドイツ・イスラエル間に締結されていた(アメリカから西ドイツ経由でイスラエルへ行なわれる)武器供与協定が、ケネディ暗殺によって破棄されると見込む希望的観測だったが、それに反し協定はその後も破棄されず、ペーターがヴィーゼンタールと接触すべくへ向かう途中ミュンヘン郊外ですれ違った、冬季演習中のアメリカ製戦車もイスラエルへ移され、塗装と愛称を替えての戦場で活躍した。 フレデリック・フォーサイスの原作になる映画作品は「ジャッカルの日」に次いで2作目の鑑賞。 逃亡先として有名な国 [ ]• 組織・団体、人物、できごとなどは、物語のなかで固有名詞は変えられているが、背景や歴史的文脈、事件の構図は実在のものであり、実際の社会状況を正確に反映している。 この作品の出版に当たっては、作者のフォーサイスの元には多くの脅迫状が届いたと言う。

Next

オデッサ・ファイル (角川文庫)

だが「特定の殺人者が裁きを受けずに逃れているということが、問題であり、悲劇である」だけに、一方でSSの悪逆者を放置する限りは『』のまえがきの結びで触れられる「年老いた加害者のことは許して忘れよ」の論法と同じでしかない。 そこにはリガ(現ラトヴィアの首都。 処女作『』と並ぶイギリスの作家、フレデリック・フォーサイスの代表作。 数多くの登場人物と物語を進める際の専門用語(今回はナチスの話)の解説が複雑で、何度も読み返さなければわからない点も多々あった。 ペーターは、モサドに協力し元親衛隊SS軍曹と偽りオデッサに侵入すると新たなIDとパスポートを偽造する印刷所に写真撮影のため連れて行かれました。 ネタバレ! クリックして本文を読む 掘り返したくない醜い過去。

Next

オデッサ (組織)

優れた落語を聞くと、聞いている自分もその世界に引き込まれ、一緒になって喜怒哀楽を共感するようになるのだが、それと全く同様のことがこの作品で楽しめる。 主題となるナチスドイツの親衛隊は、血の団結力を誇り、優秀な人材を取り揃えただけに、ユダヤ人収容所など第二次世界大戦後の大きな傷となった。 この項目は、 に関連した です。 イギリスの作家フレデリック・フォーサイス(1938~)と云えば、フランスのド・ゴール大統領暗殺計画の実話を題材に発表したデビュー作の「ジャッカルの日」(1973年映画化、1997年リメイク版「ジャッカル」)が、大ヒット、いきなりスパイ小説の人気作家になりました。 原作者は、小説の巻頭辞で、この物語は実在の事件にもとづいて作られたと述べている。 先日、某新聞社の朝刊に1945年当時のドイツと日本の分割統治 についての掲載があった。 拳銃で狙いをつけられ、もうアカンって時に、主人公の恋人からの連絡を聴いて飛んできたエージェントに間一髪助けられる。

Next

オデッサ・ファイルとは

製作は「ジャッカルの日」のジョン・ウルフ。 だから、内容は現代世界の記録(ドキュメンタリー)である。 デビュー作の「ジャッカルの日」と似た冒険活劇小説である。 現場にはミラーの学校友達だったハンブルグ警察のブラント警部補がいた。 それによればリガの殺人鬼と異名をとったナチ収容所長、ロシュマンは、今もドイツに生きているという。

Next

オデッサ・ファイルのレビュー・感想・評価

ドイツ語を話していたオーストリア帝国の支配層やモーツァルトはドイツ人ではないのか。 善悪を結果論で決めつけるのではなく、どんな時代が来ようと人間性を失ってはならないという教育が大切だと思いました。 もしかするとドイツ人の戦後感が、わが国の戦後感と違うとするなら、敗戦と同時に逃げたナチス親衛隊のもたらした影の影響があるのかも知れない。 Christopher Simpson『冷戦に憑かれた亡者たち:ナチとアメリカ情報機関』(時事通信社、1994年)• 色々と質問をされますが、どうやらテストには合格。 英米露による分割統治である。 映画 [ ] オデッサ・ファイル The Odessa File 監督 脚本 ジョージ・マークスタイン 原作 フレデリック・フォーサイス 製作 出演者 音楽 撮影 編集 ラルフ・ケンプレン 製作会社 配給 公開 上映時間 130分 製作国 言語 に映画化。

Next