皇室 ブログ でれでれ。 「仁義なき戦い ~ 皇室編 【その一】」青と緑の稜線のブログ | 青と緑の稜線

[B! 事件] 雅子様③@犯罪(2)ヤフオク事件

何よりも、家族の人達が恐れたのは、「部落ヤクザ」の西武の堤康次郎の娘だからです。 年は、聞けませんが、結婚したのが1970年ですから、正田泰子と同じくらいでしょうか。 今、そうとう、焦っているでしょう。 2002年(平成14年)9月28日 - 10月3日、スイス旅行。 と言う恐怖は、当時の 家族の方々には当然の恐怖であったと思います。 なので、制限を解いても大丈夫とおもったのでしょうが、神風が吹きました。 宮家がいや天皇家が嫁欲しいとなっても天皇家独断で事を進められないですよね?、宮内庁がウンと言わないとダメなのでは?、でもすんなり 笑 転がりこめたって事はその時から宮内庁も染まっていた?、じゃあそうとう前から宮体制は崩れ掛けていたと。

Next

「仁義なき戦い ~ 皇室編 【その一】」青と緑の稜線のブログ | 青と緑の稜線

この人物が見事に美智子さんに似ています。 実質、婚姻関係にあったとしても、それは、 妾としての関係。 その裏で、皇室の伝統が破壊され、日本の解体がすすめられていたことも知らず・・・。 しかしなんてんでしょうね、過去から現在までこれだけ写真と言う証拠を残してきて。 1 出自と信仰に関するウソ 2 途方もない浪費 3 皇族に対する苛め、殺人 4 伝統と祭祀の破壊 5 秋篠宮家に対する産児制限の強制 6 第一子の徳仁親王は、托卵の可能性 >「徳」という諡号は、無念になくなった天皇、上皇、たちが祟り神になり、その怨念を封じるための、懐柔するための、呪の字としてつかわれてたのね。 秩父宮雍仁親王|| 大正天皇|身長が違う2人の天皇の死 2人の天皇、2人の皇后、 大正天皇| 皇室外交|皇室王室外交の隠れた法則 宮中晩さん会にサッシュを許されない徳仁皇太子、その理由は? ・皇室外交| 皇室の謎と真実|明治維新とは、朝鮮被差別部落民によるクーデター 明治以後、天皇制が、天皇と皇族を神として拝む天皇教に変わった。 皇統を断絶させる気、満々です。

Next

[B! 事件] 雅子様③@犯罪(2)ヤフオク事件

ここでは、正当な皇位継承を妨げようとする勢力があると仮定し、ではいったいそれがどんな勢力なのか、どのような背景と理由がそうさせるのか、検証してみたいと思います。 称徳天皇 聖武天皇の内親王。 気になるのは、美智子さまの、御里帰りは頻繁で最初の年で10回を超えること。 でも?現実はその通りで。 御成婚の後、皇居の《籠の鳥》となられた、お可哀想な 美智子妃殿下が そう、おっしゃったそうな...。 ・戦後の華族の没落から、皇太子妃をお受けできることができなくなった。

Next

「仁義なき戦い ~ 皇室編 【その一】」青と緑の稜線のブログ | 青と緑の稜線

でも此方ではその春日井西武はよくもってるなと言った感じだし(過去とはえらい違い)、スーパーとしての西武も知っているところで1店は潰れたし1店は名前は西武だけど中身は…だし。 平民出身、製粉業のお嬢様、美貌、家柄、西洋風のご実家、洋装、ピアノやハープ・・・。 お人好しの日本人は、その手口で騙され続けてしまった。 実際、 筆先の加減で、首相を解任させ失脚させるだけの力を新聞や週刊誌は持っていたのです。 はからずも、「野球界と暴力団」、「皇室と闇の勢力」。 断られる。

Next

[B!] 美智子さまの影武者①複数の正田美智子

769年、寵愛する僧侶の道鏡に皇位を譲ろうとしたが、 和気清麻呂に阻まれて失敗した(宇佐八幡宮神託事件) 770年8月4日に病気で崩御。 今上陛下の次代は、皇太子殿下、その次は秋篠宮殿下、そして悠仁親王殿下へと皇位は引き継がれていきます。 安徳天皇 父は高倉天皇で、母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)。 その後、1156年の保元の乱に破れ、讃岐に配流。 ・正田富美さんは東宮御所へ行くとき、浩宮にだけお菓子などの土産を持参していた。 父の従兄弟の奥さんは、旧華族の秋月子爵のお嬢様で、高齢になった今でも、全身からオーラを発していらっしゃいます。 「政治家とゴキブリは新聞でたたくと死ぬ」 と、マスコミが、豪語していた時代もあったのです。

Next

「仁義なき戦い ~ 皇室編 【その一】」青と緑の稜線のブログ | 青と緑の稜線

そのなかでのご懐妊なの。 アメリカの、プロの扇動家や工作員が、明仁皇太子の心理を読みながら、シナリオを描いたのでしょう。 同行したのは寵妃の兵衛佐局と僅かな女房のみ。 堤康次郎の下りを読み思わず「あっ」と、声が出てしまいました。 1435572 「御徒町が恋しい。 何かパズルのピースが嵌っていくようで、少し身震いいたしました。 外国ではプリンセスではなく単なる付随 笑。

Next