進撃の巨人 考察 最新。 進撃の巨人 108考察 感想「正論」ヒストリアの結婚相手は?エレンの真意とライナーの決意 ネタバレ有レビュー

【122話】進撃の巨人最新話までのネタバレ考察【30巻(最新刊)】

結論から言うと「アニは正体不明者から、善人」になったという描写です。 ここから進撃の巨人の物語はどのように進んでいくのでしょうか。 129話でも今まで「グライス」と呼んでいたのに、つい「ファルコ」と呼んでしまう所に彼の気持ちが垣間見える。 アズマビト家はなぜ将軍家の末裔を求めているんでしょうか。 100年以上前、エルディア帝国とヒィズル国は同盟を結んでいて、両国の長同士は仲が良かったそうです。

Next

【2019】進撃の巨人最強ランキングTOP9 徹底考察まとめ【最新番付】【強さ議論】

ジークの大岩投擲により飛空船は全て破壊• それはレベリオやマーレのためじゃない。 ジーク 「お前が…」 「父さんを…」 「壁の王や…世界と戦うように」 「仕向けた…のか?」 そう、進撃の巨人の時を超える力を使い、 エレンが全てを仕向けたのではないか? そうジークは推理したのでした。 ただこれまでの巨人とは違うのは、自身の肉体を硬質化させるのではなく、錬金術のように周囲を硬質化できるため「武器」などが生成できちゃうのが特徴。 2つ目はミカサ自身との対比。 マガトは増援の列車を止めたのはあんたかと気づき何故だと聞きます。

Next

進撃の巨人 The Final Season(4期・最終章)の放送日はいつ?考察してみた!

ジークの寝床は巨大樹の森• 「ミカサに囚われているルイーゼ」を見ることで、「エレンに囚われているミカサ」を認識した。 :::::: :: ヾ:ミ ト、 ゙゙゙゙ …….. 進撃の巨人107話「来客」より その情報をジークから聞いてキヨミがパラディ島にやってきたというわけです。 また、鼻から下は嘴のような部分に覆われています。 。 2が放送されました。 レイス家で継承したものは、力を持った瞬間にここに来るのだと思う。 「ガビが殴られたのは自分たち大人の責任でもある」 「なんて言葉をかけるべきなのだろう」 「自分はどちら側の立場で声かけるのだろう」 そんなモノローグが聞こえてきそうです。

Next

【進撃の巨人130話ネタバレ】アニの願い虚しく超大型巨人がマーレに到達|ワンピースネタバレ漫画考察

どうすればいいとアルミンに聞くアニ。 グリシャ 「ジーク…」 「エレンを…止めてくれ」 そうジークに頼んだのでした。 その時マーレに潜入していたと思うので。 それでもエレンの決意は変わりません。 グリシャに洗脳されていたのではなく、洗脳していたエレン ジークはさんざん、エレンはジークに洗脳されている、と言っていました。 一体、タイバー家は祭事で 何を語るのか?? めっちゃ気になります。 男はあんたにできなくても誇りに思うよとあの子達も同じだと言いました。

Next

【2019】進撃の巨人最強ランキングTOP9 徹底考察まとめ【最新番付】【強さ議論】

進撃の巨人8 アギトの巨人の上にいるのが進撃の巨人っぽい。 決死の覚悟で船に雷槍を打ち込むフロックは、ガビに撃たれ、海へと沈んでいきました。 「4年間話しかけてくれてありがとう」が切ない。 船を守るアニとライナーを集中攻撃するイェーガー派。 ジャンの妄想と窓 進撃の巨人では「窓」が妄想と現実の境目(境界線)になっている。 そこへキヨミが、考えがあると言います。

Next

進撃の巨人 108考察 感想「正論」ヒストリアの結婚相手は?エレンの真意とライナーの決意 ネタバレ有レビュー

諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そんな中、フロックは船で飛行艇を持って逃げていくことに気がつきます。 ヒィズル国とパラディ島 今回の107話のメインの1つとして、ヒィズル国とパラディ島の関係性があります。 参考動画 ちなみに、126話のもう一つのフード描写があります。 コニーはエレンはかわってしまったと考えている• 進撃の巨人では死ぬ瞬間まで描かれることが多いので、フロックの死の瞬間があいまいになっている今、この先再登場する可能性が高いでしょう。 今後どうなるのでしょうか? 進撃の巨人の考えられる展開を紹介していきたいと思います。

Next

進撃の巨人98 話!最新話ネタバレ&感想!考察予想!

まだ敵が残っているとイェーガー派に見つかりますがそれを阻止する男が現れます。 しかし、悪い意味で捉えるならば、 「囚われる首輪」 「エレンのために…というミカサの人生の象徴」とも考えられます。 現代の歴史と同じ用に、白黒でハッキリ分けられない、むしろどちらでもあるという結論でした。 ここから分かることは、巨人の継承者がエレンで最後ということですね。 整備士の言う時間を稼ぐのは不可能だと言うマガト。 こんなに新事実が明かされて嬉しい反面、処理するのが大変で困ってもいます笑。 進撃の巨人の最新話『121話』の感想と考察 色々と 伏線が明かされていった回でしたね…! これまで 復讐鬼様な描かれ方をしてきたグリシャ。

Next