黒井文太郎 コロナ。 コロナウイルス生物兵器兵器説についてどう思いますか?

【デマ・詐欺・転売】悪質な新型コロナウイルスを利用した経済に惑わされるな!!【今日の朗報】

SNS上にあふれかえる真偽不明の情報 また、ソーシャルメディアではソース元の表示すらない真偽不明の情報でも大量にシェアされる。 PR それだけではありません。 等のテロリストに関する書籍も多く執筆している。 あらためて中国生物兵器説も否定されたわけだ。 また、ウイルスが偶然に変異したとすれば、それが研究施設内で起きた可能性は、自然界で起きた可能性より圧倒的に低い。

Next

黒井文太郎に突っ込む(2020年2月26日分)

例えばですが、「お湯で予防できる」と言うチェーンメールのコンピューターウイルスは、もしかしたら今後、その技術を買われる可能性があります。 「新型コロナウイルスは武漢の研究所から漏れた生物兵器だ。 人工ウイルスでないのなら、誰かがつくった生物兵器でないことにもなる。 俺だったら少なくとも「政府専門家会議関係者の発言(当然、それなりの権威と信頼性がある)」の紹介ならともかく、「一個人の検査についての発言(つまり素人にとって何らかの権威や信用性があるわけではない)」なんか紹介しませんけど。 「中国の生物兵器」「自作自演」的な陰謀論はなかなか消えない。

Next

新型コロナのデマに踊る人々に映る深刻な錯乱 「最悪の事態に備えた行動」とは似て非なる

自衛隊「戦略」白書』(宝島社別冊宝島Real、2004年5月)、ワールド・インテリジェンス編集部との編著• 『世界のテロリスト 地下ネットワーク最新情報』(、2002年1月)• 米軍の顧問を務めた専門家も「人工ウイルス」と FOXニュースに対し「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。 『インテリジェンス戦争 対テロ時代の最新動向』(、2009年1月) 解説・• これは「地政学と帝国」というサイトに投稿された(1月30日)を指す。 それ故市場を中心に広がった可能性が高そうです。 その点、は低コストで高効率であり、使い勝手がよい。 そもそも致死率の低いコロナウイルスは「現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる」とも述べている。 新型コロナウイルスの感染拡大の前のことになるが、中国の対米スパイ活動も明らかになった。

Next

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

実は10年から12年にかけて、中国国内のCIAの情報提供者が約20人も、次々に投獄されたり処刑されたりする事件があった。 」の記述が復活していたようなんですが、その削除をさせるため、今度はMtfuji3700さんから、私は黒井本人アルとして、削除の申請がされてきました。 の感染拡大を受けて、は4つのなどを、27日から来月16日まで臨時休館することを決めました。 ・黒井文太郎さんは本名小磯文雄名義の本「戦争見物」に自分の顔写真を載せ出版し印税を稼ぎつつ、お顔を出してテレビに出演までしながら本名「非公開」「削除しろ」という珍妙理論展開中。 海上防空作戦を一変したイージスレーダーの発達史 多田智彦 駆逐艦・強襲揚陸艦・空母にも搭載 多用途レーダーの決定版はSPY-6! 各国が開発に鎬を削っているなか、レイセオン社のSPY-6シリーズは世界最高峰! 竹内修 突然の「配備停止」! 日本にイージス・アショアは必要だ イージス艦だけのBMDは危険だ。 : 後でも指摘しますがなぜ黒井や「手を洗う救急医Taka」が「経済補償要求」について完全に無視するのかわけが分かりません。 そうすれば、今後、仕事になり、お金になる可能性があります。

Next

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

「厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」とツイートした。 の研究所でつくられたものだと推測する記事については先にあげたが、自然発生のものだと推測する論者もいる。 ・しかも単著ではなく雑誌の記事が最初に確認できる記事で、書籍か雑誌かも矛盾。 他媒体となるがビジネスインサイダー(BUSINESS INSIDER)で軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、ゲノム編集の痕跡などが発見されていないことに触れたうえで、「生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない」と結論付けた(「新型ウイルス『中国が秘密開発した生物兵器』トンデモ説が駆けめぐった一部始終」2020年1月31日配信)。 net 新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。

Next

黒井文太郎に突っ込む(2020年3月23日分)

その他様々な下準備があり、ナイラ事件(を参照)が発火点となり、カ世論はへと流れていった。 学生時代はをしていた。 2018年にメキシコで起こった殺人事件はその一例だ。 YouTubeも話題性に乗ることで、人々の不安を煽り、拡散し、再生回数を増やすことができてしまうのです。 『の正体』(、2014年12月)• ところが、ご自身に関するはずの今回のコメントでは、「自分が黒井名で執筆活動を開始したのは98年に「世界のテロと組織犯罪」を出版したときから」と書かれています。

Next