プロスピ カブレラ。 【プロスピA】外国人OB(2019) 当たりランキングと選手評価リスト|プロスピA攻略ブログ 球宴ナイン

【プロスピA】カブレラ S極の評価!2019シリーズ2 外国人外国人OB 西武ライオンズ

0点 【OBガチャから出現】 ・打撃能力が高く、ミートA ・守備適性がBと高い 9. 349. 217 マギー• 336. :7回• 799 :12年 1239 5257 4510 753 1368 221 6 357 2672 949 14 16 0 23 667 95 57 1143 106. 303を記録する一方、長打率が4割を下回り、出塁率を下回る月もあった。 183 T・ブランコ• 121 小谷野栄一• 130 東出輝裕• 18 西山秀二• 216 ヘルマン(西武、オリ)• 956 130 529 469 50 117 22 0 16 187 60 0 1 0 3 54 6 3 110 15. 0点 【通常ガチャから出現】 ・全ステータスが高く、オールB ・守備適性がAと非常に高い 7. 92 フェルナンデス• 313. また、5月14日の対西武戦で通算350号本塁打を放った。 シーズン途中にケガによる登録抹消もありながら、当時の日本記録であるシーズン 55本の本塁打を打ちました。 4月15日の対西武戦にてからチーム第1号となるサヨナラホームランを放った。 172 楊 洋 ヤン・ヤン (中国の保守)• その後、に選出されたが、出場を辞退した。 95 青野剛• 3 鈴木尚典• 」と声を荒らげていたが、「知り合いなのか? 315. なお、カブレラの代役にはが4番・DHとして起用された。 51 宮本慎也• 192 ホセ・カスティーヨ• 218• レギュラーシーズンでは、右足首の不調の影響もあり、例年よりやや低調な成績に終わった。

Next

【プロスピ2019】スペシャル打撃フォーム【OB選手など】

976 100 170 7 7 1. 110 大松尚逸• 394. 995 1 2 0 0 0 1. 160 D・ライト(元カブスの4番)• 30 石井浩郎• 89 森本稀哲• 162 ヨスバニ・ペラサ(キューバ代表)• 995 10 6 13 1 2. 122 李炳圭(中日)• 705 1. このシーズンはWBCの疲れや故障などの影響で、打率. 本塁打は前年と同じ33本だったがが12本増加し、数344は球団新記録となるなど、長打力が増した。 17 山﨑武司• 、メキシコシティ・タイガースへ復帰。 それでも. 125 栗原健太• 990• easypronunciation. 59 金城龍彦• 52 谷繁元信• 299. com 英語. 88 サブロー• 今回の査定対象もこの 2002年の成績が採用されています。 239 松永浩美• 519. フィルダーがカブレラの後を打つようになったことで、勝負を避けられることが減った。 ソフトバンク退団後 [ ] 2012年12月、母国ベネズエラの、のに所属し、のである息子のと待望の初対決。 65試合の出場、13本塁打39打点はいずれも来日後最低だった。

Next

【プロスピA】やっぱり「柳田」「カブレラ」は別格・・・【動画紹介Part30】

2008年3月26日閲覧。 32 イヨンギュ• 467. 9 カブレラ(西武)• 993 4 3 0 0 0 1. 2 片岡篤史• 8 ボーリック(ロッテ)• ソフトバンク時代 [ ] 時代 2011年4月16日、にて 1月5日にソフトバンクと2年総額3億6000万円プラス出来高で正式に契約を交わした。 303. 886 160 685 611 96 198 34 0 34 334 103 6 2 0 1 68 14 5 107 22. 398. 0点 【通常ガチャから出現】 ・全ステータスが高く、オールB ・守備適性がAと非常に高い ・特集能力で超パワーヒッター持ち 9. 996 - - - 2016 147 1186 95 7 124. 147 横川史学• 0点 【通常ガチャから出現】 ・全ステータスが高く、球威・A ・性能の高い球種を持っている 8. 211 サラサー• MLB. 203 ディアス• 369. 756 1. 180 門田博光• 経歴 [ ] マイナーリーグ・メキシコ時代 [ ] 5月1日にとマイナー契約を結ぶ。 22 バティスタ(元ホークス)• マーリンズ時代 [ ] に契約解禁年齢となったカブレラは、7月にベネズエラの選手としては当時の最高額の契約金180万ドルでと契約。 シーズン30本塁打到達スピード1位タイ:64試合(2001年)• 16 R・ブラウン(元オリ)• このシーズンは高めにが広がるいわゆる導入もあり(同年限りで廃止)、リーグ打率は00年代ではもっとも低い. 134 カズ山本(山本和範)• 一打席目に本塁打を放ち、ホームベースを踏んだ直後にユニホームを脱ぎラモンに投げ渡し 、現役引退を表明した。 MLB. 14歳時にはメジャー5球団がカブレラのスカウトを始めていたという。 31、8. 13 藤井彰人• 119 田中浩康• 221 荒波翔• 5点 【通常ガチャから出現】 ・全ステータスが高い ・守備適性がBと高い 7. 初三振:同上、6回裏にから• にA級へ昇格するともこなすようになる。

Next

アレックス・カブレラ

994 - 2005 111 871 45 5 76. 195 山本昌• 186 前田大輔• 157 バルディリス• のメジャーデビューからまでの13シーズンで、1度を含む4度、2度、2度を獲得している。 106• 84 G. 68 川崎宗則• 189• 192 岡田幸文• 568. 115 大松尚逸• 000 - - 2017 115 761 63 1 90. ローズ• 41 塩崎真• 96 田中健介• 33 井端弘和• 16 清水隆行• 133 (バスターフォーム)• 25 水口栄二• 169 秋信守(チュシンス)(WBC岩隈からHR、現在もMLBで活躍)• 76 アレックス(中日)•。 167 D・ライト(元カブスの4番)• 941 - - 2008 DET 143 1117 73 9 116. パワー88は全選手の中でもトップクラスだ。 2018年5月4日閲覧。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 第2戦は6回にの代打として登場し、全セ3番手の()からの場外に飛び出す本塁打を放った。 102 竹原直隆• 5点 【OBガチャから出現】 ・全ステータスが高く、制球・スタミナA ・他の適性が高い 7. 430. com. 203 岩本貴裕• 5点 【通常ガチャから出現】 ・全ステータスが高く、制球・スタミナ同値 ・性能の高い球種を持っている 7. 207 高沢秀昭• 8月は月間で4割の打率を残し月間MVPを獲得するなど、チームのAクラス入りに大きく貢献した。 優秀選手:2回(2012年 - 2013年)• 開幕前に選出されていた第4回WBCに参加。

Next

【プロスピ2020】スペシャル打撃フォーム【OB選手など】

Jason Beck 2008年3月25日. 1月にはオリックスが前年限りでソフトバンクへ移籍したに変わる4番として再獲得に乗り出していることが報じられたが 、同月29日にを獲得したため復帰することはなく、のと契約。 990 - - - 2011 152 1263 103 13 117. 151 赤田将吾• の投票では、に次ぐ2位に入った。 164 マーク デローサ(09米代表)• 38 (1999年)• 145 天谷宗一郎• 315. 228 セペダ• 263. 出場:5回 (2001年 - 2003年、2006年 - 2007年)• 55 阿部慎之助• 2009年5月20日閲覧。 48 オーティズ• 174 張 振旺 ザン・ゼンワン (中国代表)• 49 小坂誠• 、が1985年とその翌年に達成して以来史上2人目となる2年連続50本塁打を放ち、3年間で150本塁打以上を記録した史上初の選手となった。 本塁打は、2006年以来8年ぶりの30本未満・規定打席に到達したシーズンでは最低の25本に終わったが、それでも11年連続での25本塁打以上。 11 松井稼頭央• 関連項目 [ ]• 336の高打率も残しています。 12 田中幸雄• 150 バルディリス• は所属球団なく、10月からベネズエラのウィンターリーグでプレーし、このシーズンもティブロネスに所属。

Next

【プロスピA】やっぱり「柳田」「カブレラ」は別格・・・【動画紹介Part30】

打撃フォーム一覧(スペシャルB) スクエア• 191 高山久• 35 犬伏 稔昌• 636 1. 249(自己最低)、16本塁打、60打点に留まった。 しかしギリギリで規定打席には到達し、自身4度目となる首位打者のタイトルを獲得。 392. タイガース時代 [ ] タイガース時代のカブレラ(2008年) 2007年12月4日、と若手6選手とのでへ移籍した。 チームの士気を大きく下げて優勝を逃す原因となり、ファンの恨みの的となった。 にAA級へ昇格するとにも回るようになった。 64 T. 259 フランコ• その後は、左打者のと併用という形ながらメジャーに定着し、打率. 223 124 533 457 85 148 24 0 50 322 112 2 3 0 1 68 15 7 106 14. 5点 【通常ガチャから出現】 ・全ステータスが高く、球威A ・性能の高い球種を持っている 7. 10月16日にデビルレイズをFAとなった。

Next