おむつ bl 小説。 ☆三令五申☆

『お漏らしから始まったお付き合い』第3章「交際2日目」 14ページ

お仕置きはお尻ペンペンがいいでしょう。 「も、む、り、正志、変わってぇ」 そんな俺の様子を見て、正志が少し焦ったような声をあげた。 <<<おしっこ我慢・放尿専門のサイト>>>>• こうして社会人になって家を出たとたん、その趣味はアクセル全開に僕を支配した。 rakuten. 「沙奈が間違っておもらししちゃうのは仕方ないけど、 周りに迷惑かけるのはダメでしょ」 「でも、学校ではまだおしっこの失敗してないよ?」 沙奈が反論すると母は、半分ふざけたように怒った顔を作った。 「これじゃぁ、気持ち悪かったでしょうね〜」 そう言いながらウエットティッシュでお尻に付着した排泄物を拭き取ってやり新しい紙おむつを穿かせてやった。 「まあ、若奥さま・・いいんですか?」 「ええ・・私のですから」 敦子は籠を受け取り、ヴェランダに出た。 が、そこに着けているものは下着などではなく、大人用の紙オムツだ。

Next

B L ♂ U N I O N

言い返すことも出来ずに、押し黙ったまま立っていると、下から音が聞こえた。 amazon. 逃げたい……。 「着けてるだろ?」 「……へ」 「そこでしていいぞ」 「っええ!?」 「シー。 その矢先に……。 218bc1d1. amazon. そんな力に頼らなくても、俺はチート級の両親の子供だ。

Next

☆三令五申☆

ヤクザ• afl. rakuten. rakuten. オネショなさったんですね」 「えっ・・ええ」 オネシヨの事実を告白して、おむつを外して貰う。 く、くそっ!こんな屈辱ってありかよ!つーか、遊びに使っちゃダメだろ! 「やだやだ、俺、トイレ行けるのに!」 「行けなかっただろ」 「…………」 俺は沈黙した。 「また、おむつがヌルヌルになったら、公園で替えてあげるから心配しなくてもいいよ。 身体の疲れは一晩で、消え去っていた。 もう二度と後戻りの出来ない変態性欲に溺れながらも、また昂ぶる尿意に、鈴花はふっと力を抜いていく。 それとも、他の洗濯物と一緒に 干して、人目に晒したのだろうか。 だからこうして、僕がおもらししたオムツを大事そうに持っている。

Next

『大スカ小説』第8章「熱」 28ページ

都立の高校に通う私は行政の影響を多大に受けてしまい、四月上旬からほぼ家に缶詰め状態だった。 おしっこにしろうんこにしろ、したいと思ったときにはすぐ出してしまう習慣ができてしまい、たまに下着でいる時に、オムツを着けている感覚で出してしまうことがある。 「なんで、智なんかに……」 妹に屈服し、尚も依存させられる無力感に、姉・鈴花は臆病にも震えていた。 ビニールで出来た滑りの良い生地の感触に浸り、智は何度も指を擦りあげる。 「洗ってあげるわよ。 義母までもが、 「敦子さん。 rakuten. けれど、それを不釣り合いな背伸びだと、妹の制服姿を今の鈴花が笑う事は出来なかった。

Next

B L ♂ U N I O N

そんな危惧を感じたとき、 「来週、朋彦が帰ってきますよ」 と言われた。 「い、行きたくない! こんな格好で、幼稚園なんて行くのやだぁ!」 「おしおき、って言ったでしょ。 危険というよりはとろける感じで。 「おはよう」 互いに挨拶を交わし、それから先は他愛のない話をした。 yahoo. 股間に当てられたおむつが腿を圧迫して 歩行を妨げ、敦子はガニ股のような歩きになって戸惑った。 喉から悲鳴にならない悲鳴をあげ、肩を震わせていると「終ったのか?」と声がして素直に頷く。

Next

BL小説作家一覧 | ブックオフオンライン

着替えさせられ、 「それでは、大奥さまにご報告を」 そう言われて敦子は義母の部屋に連れて行かれた。 パッケージには、幼い子供の顔。 」 「ちゃんと治りますから頑張ってください」 こうして病院を後にした。 完結済み作品多数。 オネショしたことでさえ恥ずかしいのに、まるでそのことを 予期したかのように当てられたおむつまで濡らしてしまっただなんて、そんな人妻がどこにいるだろう。 民子は、昼間も躾が続けられると言っていた。

Next

『お漏らしから始まったお付き合い』第3章「交際2日目」 12ページ

shopping. 義母は、どんな積もりでこんな躾を言いつけているのだろう。 amazon. 時折嬉しそうな嬌声をあげた姉をからかうのが、智にもクセになってしまっていた。 この時代では人類は紙オムツを履いていることが当たり前の時代になった。 rakuten. 「あら大変。 おむつの袋を持っているのかも知れない。 「じゃぁ、脱がせちゃうわよ」 美枝をベッドの上で仰向けに寝かせ、股間のスナップボタンを開きショーツを脱がせて陰部を露出させた。

Next